医学部予備校と大手予備校を比較

大学受験を控えて、予備校や塾に通う方も多くいます。
特に難関大学や医学部を目指す場合は人一倍勉強しないと、試験に合格できる確率が低くなってしまいます。

 

医学部受験を考えた場合、一般的な予備校にするのか医学部専門の予備校に通うかで迷ってしまう方もいるでしょう。
医学部専門の予備校に通うメリットについて紹介していきます。

 

医学部専門の予備校では医学部受験に特化していますので、医学部に関する詳しいデータやノウハウを持っているのです。
大手の予備校でももちろん医学部受験に関連するデータを持っているのですが、
やはり医学部専門の予備校と比べてしまうと、情報やノウハウの量と質の点で劣ってしまうのです。

 

効率よく勉強をすすめるためには、
ある程度出題範囲を絞り込んで集中して学ぶことにより、合格率を挙げることができたりもします。

 

医学部専門予備校は過去の入試問題を分析して出題されやすい範囲に絞って集中して指導してくれたりもしますし、
志望校ごとに過去の入試問題を分析して対策と傾向を考えてくれたりもするのです。

 

大手の予備校と比べると医学部専門の予備校は規模が小さいのですが、規模が小さい分だけきめ細かい指導が受けられるのです。
大手の予備校は規模も大きく大勢の学生が通っているため、先生が一人一人を細かく指導、サポートすることが難しかったりします。

 

 

その点医学部専門の予備校は、生徒数を絞り込んで指導を手厚くすることで難関の医学部受験を合格に導いているのです。
医学部受験にあたりどちらを選ぶかはその人次第ですので、両者をよく比較した上で決めるようにしましょう。

医学部予備校はきめ細かい指導が売り

医学部予備校はきめ細かい指導が受けられるのが評判です。
一般的な大手の予備校は大学の講堂のような大きな教室に何十人にも生徒を集めて授業を行うのが一般的です。
大勢の学生がいれば少しくらい集中していなくても、疲れて眠ってしまっても先生の目にとまる確率は少ないのです。

 

誰にも出席日数や授業中の態度について注意を受けないと段々と授業をさぼったり、授業中でも怠ける癖がついてしまうようになってしまいます。
それが受験勉強や実際の受験のときにも響くことになります。
一方で医学部予備校の多くが少人数クラスを採用しています。

 

1クラスあたりの生徒数を10人ほどに絞り込んで授業を行いますので、生徒にも緊張感が出てくるのです。
授業スタイルも先生が一方的に知識を話続けるのではなく、時には学生に話しかけたりして学生も参加するタイプの授業を行っているところが多く見られます。

 

そういった授業形式だと、学生も集中しなくてはいけないと言う気持ちが強く働くようになり、
自然と授業を集中してきくようになりますし、授業の予習や復習にも力が入るようになるのです。

 

また生徒との距離が近いことから、生徒一人一人のレベルに合った指導が行いやすいのです。
その生徒が何を得意としており、何を苦手としているのかが把握しやすいので、
先生は生徒の苦手を克服できるようなサポートや授業を提供しやすいのです。

 

また先生との距離が近くなることにより、生徒との信頼関係も築けるようになります。
受験に関する悩みだけでなく、さまざまな相談を先生に行うことができるのです。

更新履歴